FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20140910 METAL BUILD フリーダムガンダム レビュー

METAL BUILD フリーダムガンダムのご紹介。

※2014年8月の再販分のものです。2012年の初販分とは塗装等個体差あると思いますのでご了承下さい。

パッケージ。
DSCN7404.jpg



内容。
DSCN7406.jpg
フリーダムガンダム本体、バックパック、ビームライフル、シールド、ビームサーベル(柄)、ビームサーベル(刃)、
交換用シールドジョイント、交換用手首パーツ、ディスプレイ用ジョイントパーツ(2種)、台座、支柱。

DSCN7407.jpg
台座はバックパック等が収納されているブリスターの裏にあります。

説明書。
DSCN7408.jpg

説明書巻末からは開発資料集になっています。
DSCN7511.jpg

全身。
DSCN7419.jpg

DSCN7420.jpg

DSCN7421.jpg

バックパックを外した状態の背面。
DSCN7422.jpg

上半身アップ。
DSCN7423.jpg
非常に精悍かつシャープな顔つき。SEEDシリーズの主人公機らしさを重視してか全体的に
細めに造形されているようです。


・可動について

頭部。
DSCN7431.jpg
前方へのせり出しや顎を引くことが可能。

DSCN7432.jpg


腕部。
DSCN7426.jpg
左右にここまで持ち上げられます。

肘は二重関節。
DSCN7427.jpg

手首の手前部分が可動。
DSCN7428.jpg

DSCN7429.jpg

肩アーマー前面は上腕部の動きに合わせて展開するようになっています。
DSCN7430.jpg

腹部。
DSCN7433.jpg

DSCN7435.jpg

腰部フロントアーマーは各パーツが別々に可動。
DSCN7436.jpg

脚部。膝アーマーが可動に連動しています。
DSCN7439.jpg

DSCN7440.jpg

脛後ろのスラスターが可動。
DSCN7441.jpg

開脚。
DSCN7442.jpg
足首の接地性はイマイチ。




・武装について


ライフル、シールドを装備した状態。
DSCN7444.jpg

MA-M20 ルプス ビームライフル。
DSCN7445.jpg

フォアグリップが上下左右に可動します。
DSCN7446.jpg
左右の可動は同じような形状のライフルではガンプラ・ロボ魂等どの立体でも可動機構がありますが
上下にも動くのは珍しいかも。

勿論両手持ち可能。
DSCN7459.jpg

腰部後ろに装備可能。
DSCN7443.jpg

ラミネートアンチビームシールド。
DSCN7448.jpg

前腕部のジョイントとグリップで保持します。
DSCN7449.jpg
ジョイントのみでも保持可能。その場合グリップ部分は折りたたみます。

グリップ部分は上下にスライドします。
DSCN7454.jpg

DSCN7455.jpg

シールド用ジョイントパーツを差し替えることで前腕部後ろに装備位置を変えることができます。
DSCN7496.jpg

MA-M01 ラケルタ ビームサーベル。
DSCN7497.jpg

柄を連結することでアンビデクストラス・ハルバードに。
DSCN7498.jpg
連結部分は凹凸ではなく溝を嵌め込む形式なので破損の心配はないかと思います。

ウイング。
DSCN7491.jpg
フリーダムの外観の代名詞ともいえるウイング。左には機体名が印字されています。

10枚のウイングがそれぞれ独自に可動します。
DSCN7481.jpg
それぞれ可動範囲は限られていますが。

DSCN7480.jpg

DSCN7482.jpg

DSCN7483.jpg


パラエーナプラズマ収束ビーム砲を固定するための凹凸部があります。
DSCN7476.jpg
収納時は溝に凸部を嵌めてロックします。


基部は前後左右にロール可動します。
DSCN7485.jpg


M100 バラエーナ プラズマ収束ビーム砲
DSCN7512.jpg
頭部アンテナと干渉しがちなので破損させないように注意が必要。

基部が横方向に可動。
DSCN7472.jpg
これによってウイングを展開した状態でビーム砲も同時に展開できます。
昔のガンプラ等はこれができなかったのでハイマット・フルバーストが再現できなかったのが思い出深いです・・・。


MMI-M15クスィフィアス レール砲。
DSCN7452.jpg

展開方法はこれまでの立体物と同様。砲身先端には凸部があり収納時は中央の部分に
嵌め合わせることでロックされます。
DSCN7453.jpg
また腰部との接続軸は若干引き出すことが可能なので脚を広げた状態でも展開できます。


グリップが可動。
DSCN7451.jpg


全武装を展開してハイマット・フルバースト。
DSCN7468.jpg
フリーダムといえばやはりこれ。


交換用手首パーツ。
DSCN7504.jpg
ビームサーベル用持ち手は角度のついたものも付属。
ただ片方保持が緩かったので個体差があるのかもしれません。

ディスプレイ用スタンド。
DSCN7456.jpg
他のメタルビルド系アイテムと同様の構造。

台座には機体の型式番号等が。
DSCN7457.jpg

ディスプレイ用ジョイントパーツ。
DSCN7486.jpg
2種ありこれはお尻に差し込むタイプ。ただこれを使うとライフルをマウントできなくなります。


バックパックに差し込むパーツ。
DSCN7503.jpg


スラスターを可動させることで差し込み部が現れます。
DSCN7492.jpg

DSCN7493.jpg

DSCN7495.jpg

デスティニーと比較
DSCN7505.jpg
思った以上にフリーダムが細身でした。

説明書にはSEEDシリーズのチーフメカ作画監督で今回の商品を監修した重田智氏とバンダイの
開発担当者の対談も掲載されています。
DSCN7506.jpg

重田氏による監修の覚え書き。ビッシリと指示・指摘が記入されています。
DSCN7508.jpg

DSCN7507.jpg
まぁSEEDのファン層等を考えれば言わんとしていることはわかります・・・。


・ポージング


DSCN7509.jpg


DSCN7489.jpg


DSCN7414.jpg


DSCN7490.jpg


DSCN7416.jpg


DSCN7458.jpg


DSCN7459.jpg


DSCN7418.jpg


DSCN7412.jpg

DSCN7413.jpg


DSCN7474.jpg


DSCN7473.jpg


第2クールOPでシルエットが初登場した際のポーズもそれっぽく再現可能。
DSCN7477.jpg


舞い降りる剣。
DSCN7478.jpg


DSCN7469.jpg


「それでも!!守りたい世界があるんだっ!!!」
DSCN7502.jpg


衝動買いしてしまったMBフリーダムでしたがエクシア・デスティニーといったフリーダム以降に発売されたものと
比べても遜色のない大変良い出来でした。

今後のラインナップは現在受注中のアヴァランチエクシアがありますが完全新規機体として
プロヴィデンス、ストフリ、∞ジャスティス、リボガンといった既存機体のライバル機が待ち望まれるところ・・・。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

den003

Author:den003
2014.8より無職。非定型うつ病を患っているため気分の上がり下がりが激しいです・・・。

フィギュア、ドール、ゲーム(艦これ、ポケモン等)、アニメ(プリキュア等)が好き。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
ページジャンプ
全ページ
Presented by 遊んだら仲間だ。 篇GAME

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。